うつ病の原因を知る【定型や季節性や躁うつ病などがある】

暗い気分は病気の可能性も

医者

専門家に頼って確実に治す

うつ病の原因はたくさんありますが、『ストレス』や『親しい人を亡くした喪失感』などの心の問題が有名でしょう。そして、それに加えて『疲労』や『病気』などの、体の健康状態が発症の引き金になっているケースもあります。中にはハッキリとした原因がないまま、発症してしまうこともあるため、病気を疑っているのなら精神科や心療内科の力を借りたほうがよいでしょう。うつ病の原因を解消することも大事ですが、ハッキリとしないままでも、薬を飲めば症状を回復させられます。もちろん、専門家に診てもらえば、自身では気がついていない原因を明らかにしてくれることもあります。その場合は、カウンセリングが役に立つので、実地している医療機関を探してみましょう。なお、内臓疾患などの病気を治すためにドクターから処方された薬が、うつ病の原因となってしまうことがあります。もちろん、特定の処方薬の副作用として現れる症状なので、全員が心配する必要はありません。もしも、医者からもらった薬を飲み始めてから、気分が落ち込みがちになったというのなら、きちんと副作用について調べてみることをおすすめします。ドクターや薬剤師の方に聞くのもよいですし、現在ではインターネット上にデータベースがありますので、そちらからも調べることが可能です。その結果、うつ病が薬の副作用かもしれない可能性があるのなら、処方してくれたドクターか精神科や心療内科にて相談する必要があります。必要だから処方されているので、自分で勝手に飲むのを中止するのだけは避けなければいけません。うつ病という言葉は世間一般に知られるようになったので、どのような症状が起こるのか理解していると考える方も多いでしょう。しかし、うつ病には、非定型や季節性や躁うつ病などがあり、一般的なものとは違った症状が起こる場合があるので注意しなければいけません。まず、否定型の場合は、いつも暗い気持ちでいるのではなく、仕事を始めなければいけない朝や月曜だけといった、特定の状態が原因になって症状がでます。他にもいろいろな症状がありますが、楽しい気分になることも普通にあるので、自身が病気とは感じていない方もいます。そして、季節性の場合は、その名前の通りに春夏秋冬の特定季節が原因になり発生するものです(五月病が有名)。問題となる季節が限られていて、大部分は何事も過ごせるため、つらくても我慢する方もいるはずです。最後の躁うつ病は、落ち込んだ状態だけではなく、誰が見ても活動的すぎる状態も起こり、それらが交互に発症する病気です。躁の状態になると、何でもやれる気になってしまい、自分の手に負えないことも実行してしまうため、大きな失敗に繋がりやすくなります。自分でも気がつかない病気といわれているので、少しでもおかしいと感じたのなら、医療機関に訪れるのが大切です。なお、自身がどのタイプのうつ病なのか知るのは大切ですが、自分で勝手に判断してはいけません。知るためには精神科か心療内科に訪れて、きちんと診察を受けた上で、専門家にどのタイプか判断してもらいましょう。もちろん、知っただけでは症状はよくなりませんので、タイプに合わせた適切な治療法を施してもらう必要があります。

看護師

自分と照らし合わせてみる

うつ病は何が原因でかかってしまうのかを理解しておけば、ある程度の対策が取れます。うつ病になりやすい人もいますので、自己診断を行って、うつの原因と改善策を見つけていけば、簡単に予防や対策を取ることができます。

ウーマン

周囲の方が注意する

うつ病は初期症状に発見することで治すのも比較的に楽にできますが、罹患者自身では対応しようとしないケースがほとんどです。そのため、周囲の人々が原因や症状を知っておき、罹患者に治療を促すようにすることが大切です。

男女

ストレスで発症と限らない

うつ病の発症原因のほとんどは、ストレスなのではないかと考えられています。しかしストレスだけとは限りません。ほかにも脳内神経伝達物質の1つであるセロトニンの分泌が不足することでも、発症の原因になることがあります。

Copyright© 2018 うつ病の原因を知る【定型や季節性や躁うつ病などがある】 All Rights Reserved.